不妊治療は大阪の中でもその人の性質や病院によって進め方は様々です

抱え込まずに相談しよう 不妊治療

不妊治療における高度な治療方法

赤ちゃん

不妊治療にはどのような治療方法があるのでしょうか。実は大きく分けて二つのカテゴリがあります。
一般的に最初に行うのがタイミング法です。これは医師が検査を行い、正確な排卵時期を推測します。その推測に基づいて、排卵日にあわせてセックスすることによって妊娠の確率を高めるというものです。さらに、人工授精という治療法もあります。これは精子を子宮の中の卵子に送り込むというものです。こうすることによって、受精しやすくなり、妊娠の確率が上がります。しかし、こうした治療方法でも妊娠できない場合に行われるのが高度の治療法です。どのようなものでしょうか。
まず一つ目は体外受精という方法です。どのような治療でしょうか。女性の卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させた後に受精卵を子宮に戻すという方法です。こうすることで、受精と培養をした受精卵を子宮に戻すことができるので、妊娠する確率が高くなります。
さらにもう一つの高度な治療方法は、顕微授精という方法です。卵子の中に1匹の精子を注入し、受精させる方法です。こちらは男性の精液の中に精子が少ない場合に効果的な治療法と言えます。
こうした高度医療のデメリットとしては治療費が高く、女性の体の負担が大きくなるということです。

UPDATE ARTICLE